Profile
😉

Profile

■名前:石黒武士(Takehito Ishiguro)

株式会社Jocy 代表取締役副社長

image

■経歴

高校卒業後、光通信にアルバイト勤務。 20歳で全従業員3,000名中、歴代営業ギネスを更新。 その後、新拠点の立ち上げに抜擢され、組織マネジメントを兼務。 個人として2年間トップセールス、新拠点を全50拠点中1位の売上に立ち上げる。 人材ベンチャー企業に正社員としてジョイン。 最年少で歴代営業ギネスを更新し、 新規サービスのプロダクトマネージャーとして抜擢。 管轄プロダクトを首都圏マーケットシェアNo1まで事業を拡大。 その後サイバーエージェントグループにて 業績低迷グループに配属希望をしジョイン。 業績低迷グループの成長率を1年で圧倒的な成長率に引き上げ 広告部門の歴代業績ギネス更新。

その後、新規事業開発部門の責任者に抜擢され、 SoftbankやCCCとビッグデータを活用した新しい広告サービスを開発。 サービスリリースが日経新聞などでも話題となる。 同時にアドテクのプロフェッショナル向けの書籍も執筆。 2017年サイバーエージェントグループの 右上メンバーだった鈴木と株式会社Jocyを共同創業。 2018年3月に美容室どこでも通い放題MEZONをリリース。

🎁美容室どこでも通い放題MEZONを経営しています

▼2019年日本全国の中でサブスクリプション大賞を受賞✨

image

📝 note

MEZONの経験から得た事や成功例note 起業したい、新規事業などビジネスに関する記事 (1記事=2,000~3,000文字)を月4回配信してます。

📝 My Story

■18歳〜21歳:死物狂いで働いて3,000人の中で圧倒的1番になる

子供の頃からドラム一筋で「将来はミュージシャンになる!」と決意し高卒後は進学をせず、ただひたすらバンド活動に明け暮れていました。将来は自分の好きな「音楽で生きていく」と決めていたので自分の夢には必要がないと思って学校の勉強を真面目にしたことがありません。

小学校の時から漢字で字を書く必要性も感じていなかった(ひらがなでいいじゃんって思っていた)ので小学6年生の卒業文書も、ほとんどひらがななほど自分に必要性を感じていないものや学習に興味がなく、その分自分の好きな事に時間を投資していました。

そんなある時、家族の事で僕がお金を稼がなくてはならない理由がありながらも自分が目指している夢もあったのでアルバイトでも結果を出せば稼ぐ事が出来る光通信で働くことを決めます。 シンプルに時給がどこの会社よりも高かったというのもあります。 働き始めて3日目で成果が出せていない先輩が電話機を投げつけられてる環境を目にして「働くって大変なんだな💦」と全く誤った仕事に対する理解からスタートをする事になります😆 僕が稼がなければ母さんが朝昼晩と働かなければならないほどお金が必要だったので、今まで真剣に仕事すらしたことがない中でどうやったら仕事の成果が出るかなんて分からず、まず決めたのは365日を誰よりも働く事。 友達からどんなに遊びに誘われようが僕が稼げなければ母親が朝昼晩働かなければならなかったので仕事以外の生活は全て断っていました。 毎日毎日赤からオフィスへ行き仕事をしては誰よりも遅く帰って仕事が上手くいかなかった原因を明け方までノートにビッシリ振り返りと改善策を出して行動プランに落とし込み、次の日には、その方法を試してみてと毎日毎日日々自分の仕事の方法をアップデートして結果を出すために死にもの狂いで努力をしてました。 僕は口下手だったし仕事の才能なんて全くなかったので、来る日も来る日も毎日毎日成果を出すために考えて行動して考えて行動して、それはそれは誰よりも努力しました。 それは母さんが「武士、苦労させてごめんね。」なんて「俺は絶対に言わせねー」って心底思っていて、幼少期に母さんが寝る暇を惜しんで僕らを育ててくれていたから僕も同じ様に寝る時間を仕事の成果のために費やして毎日を頑張りました。 その努力を積み重ねていった結果 当時約3,000名の会社の中で、最年少の21歳で過去最高売上営業ギネス成績を記録。 その後、管理職になり80名のメンバーを管轄に人事業務と人材育成も兼務しながら個人成績も2年間ずっと2位の2倍の成績で一位。 21歳で年収4桁になるものの、面白いほど仕事が超〜しんどかったです。。💧

■22歳〜28歳:自分の力が世に通じるのかチャレンジ

そして僕が稼いだお金を母の借金返済にあてていて全額借金返済が出来、お金の心配が無くなったので「そろそろアルバイトではなく正社員で働かないといけないな」と思うと同時に「自分の力って世の中でどれくらい通じるのだろう??」という思いから無名のベンチャー企業で自分の力が通じるのかを挑戦してみたいと思い、人材系ベンチャー会社にジョイン。

また毎日深夜まで働いて死にものぐるいで仕事した結果、過去最高売上営業ギネスを更新。 最年少最速の25歳で管理職となり、メンバー約20名を元にプロダクトマネージャーと管理職を兼務し、統括プロダクトの首都圏マーケットを業界シェア1位まで伸ばしました。

■28歳〜35歳:自分の可能性を高める為に変化の激しいネット業界へ

その後、業界の変化が激しい企業で勤めたいと思いからサイバーエージェントグループにジョイン。 面接で「僕が入った意味がないので一番苦労している部署へ僕を配属で突っ込んでください。」とお願いし、1年で成長率3桁%ほど事業部を成長させ組織の売上ギネスを更新。

その後、新規事業責任者抜擢されデジタルサイネージ、運用型広告のDSP、メディア広告収益プラットフォームのSSP、データマネジメントプラットフォームのDMPなどの企業提携、商品開発、経営企画など幅広く統括。 日経新聞や様々なメディアにて取り上げて頂くほど広告領域の中で新サービスをリリースを行う。

ソフトバンク社、CCC社、C CHANNEL社などとの業務提携を行いながら両社の資産を使い、どの様な課題を解決するサービスかテストマーケティング含めて、企画から販売まで一気通貫で『創って創って売る』までを責任持ってやっていました。

この時にデジタルマーケティングのプロフェッショナル要請本を執筆

■35歳〜Now:ライフスタイル革命を起こす為に起業「MEZON」

突然その日が来ました。 僕は昔、健康診断でガンの疑いがありました。 何事もない順風満帆な毎日を過ごしていたにも関わらず、その告白を聞いた時に瞬間的に心から感じた事は「このまま死んでしまったら僕は何も世の中に貢献出来ていない。昔から誰かの役に立つ何かを残した事で僕が生まれてきた存在価値を残して最後を迎えたいって思っていたのに。。。」

いきなり死というものを身近に感じて、絶望感に立たされた中、自分に残された時間をどう過ごしたいかを自分自身に向き合って常に考えていました。「今のままで最後を迎えたら僕は誰の役にも立てていない。こんなままで絶対に死ねない。自分が応援したい人達を全力で応援して世の中に貢献したい。」との心底思い起業をしました。 「本気で世の中に貢献して僕が存在していた価値を残したい🔥」と心底思いサイバーエージェントグループを退職。

この経験と想いを元に(何故MEZONを立ち上げたのかはこちら)自分の人生掛けて新しい文化を創造するために鈴木と一緒に共同代表として2018年3月30日にMEZONを創りました。

こちらの本でも一部記載させて頂いています。

人生は自分が何処を目指したくて、どう生きて死にたくて、何を大切にしていたいのか。 人生はそれを実現する為の自問と思考と行動でしかないと思っています。 自分の「人生」は努力と行動の掛け合わせが全て

📝noteはこちら

僕の経験からMEZONの経験から得た事や成功例note 起業したい、新規事業などビジネスに関する記事(1記事=2,000~3,000文字)を月4回配信

ご連絡はFacebookかTwitterからご連絡ください 📩 🐥